貿易事務に転職したい【簡単に手続きができる】

語学力が必要な仕事

スキルを磨いておこう

女の人

貿易事務とは、輸出入業務を行っている会社で事務仕事に携わる職種のことです。
海外の取引先を相手に電話やメールで対応をすることが多いため、英語のスキルが必要になります。
その他、書類の作成や各種手配も英語で行います。
そういった理由から、貿易事務への転職を考えている方は最低限のビジネス英語を身につけておかなければなりません。
まず第一段階として、事務作業ができるレベルの英語力を養うことが大事です。
語学力以外に必要なものとして、パソコンスキルがあります。
納品や伝票の管理の際にパソコンは不可欠です。
一般的な事務業で用いるパソコンスキルがあれば、貿易事務という分野が初めての人でも転職することができます。
これは、語学力と共に身につけておきたいスキルの一つです。
また、貿易事務への転職は輸出入に関する基本的な知識があると有利になります。
輸出入がどのような仕組みで行われているか知識として知っておくだけで、仕事の理解度が深まるのです。
以上のようなことからわかる通り、貿易事務への転職は未経験の人より経験のある人の方が適しています。
貿易事務の場合は、必要なスキルが一般的な事務よりも専門的で多いためです。
しかし、会社の中には英語力があれば経験は問わないという形で募集をしている所もあります。
そういった会社で修行をして貿易事務に必要なスキルを磨くという方法もあります。
ここで経験を積み、その後別の会社へ転職してスキルアップを目指すこともできます。

職種ごとの違い

スーツの人とグラフとPC

貿易事務は転職先としても人気のある職種です。
貿易事務は特に女性の転職先として人気があります。
基本は貿易に関する事務仕事のため、室内で働ける上、英語力や貿易に関する基礎知識など専門的な能力が必要とされるため、転職先も多くあらゆるところで働ける可能性があるためです。
専門性が高いため、働ける期間が長く、定年後も再就職する人も多く、長く働きたい人にはぴったりの職種です。
貿易事務と一口にいっても、実は会社の種類と仕事の種類により仕事の内容は大きく異なります。
もし以前に貿易事務をしていたとしても、転職により職種や仕事内容が変わるとやることががらりと変わることもあります。
転職するときはそのことも念頭に置いて転職活動を行わねばなりません。
貿易事務を行う職種としては、商社、船会社、メーカー、フォワーダー、銀行、保険会社、航空貨物会社など様々なものがあります。
メインとなるのは商社やメーカーですが、貿易が発生する仕事であれば中小企業でも貿易事務は発生します。
会社の種類ごとに仕事内容は変わります。
商社やメーカーなどでは仕事内容は似ていますが、銀行や保険会社では大きく異なります。
また、仕事内容でいうと、輸出に関する業務と輸入に関する業務に分けることができます。
輸出に関する業務だと、船積みの手続きなどが発生し、輸入に関する業務だと受け取りの手続きなどが発生します。
一概にこの分類で分けられないものも多くあります。

仕事で求められるスキル

男の人

経済のグローバル化が進む中、国境を越えたビジネスは拡大の一途を辿っています。
これまでは国内でのビジネスが中心だった会社でも、海外の取引先と貿易ビジネスを行う会社も出てきており、貿易事務を行うことが出来る人材のニーズは高まっています。
貿易事務職として転職する際に求められるスキルは大きく3つあります。
まず第一に求められるのは基本的な事務スキルです。
基本的なパソコンスキルや、伝票の処理や会計仕分けを行うといった基本スキルは、貿易事務においても求められる事になります。
第二に求められるスキルは語学力です。
貿易ビジネスは取引先が海外の会社となることが多いので、取引先の会社の事務担当者が使う言語を話せることが必要となります。
一般的に貿易ビジネスは英語で行われるので、貿易事務をこなすためには一定の英語力が必要となります。
英語力が高ければ高いほど転職は有利に働く事が多く、逆にどれだけ高い事務スキルがあっても英語が一切話せないという場合は、転職は難しいでしょう。
第三のスキルはコミュニケーション能力です。
貿易ビジネスにおいては、異なった文化や商習慣を持つ海外の企業とのやり取りが増えるため、そうした多用な文化・商習慣に理解を持ち、積極的にコミュニケーションを取りながら仕事を進める必要があります。
そのため、貿易事務を担当する人にはコミュニケーションスキルが求められることがあるので、転職時の面接でチェックされるでしょう。

一般事務よりレベルが高い

女性

貿易事務の転職が人気なのは、一般事務よりもレベルアップできると評判になっているからです。語学が堪能になったり、海外との取引ができるようになったりするので、スキルアップしたい人にお勧めです。また、契約社員や派遣社員といった雇用もあります。

もっと読む

貿易に関する業務が仕事

婦人

貿易事務の仕事に転職する際には、志望動機と求人先にふさわしいアピールポイントを用意しておく必要があります。実務経験がなくても採用される事はあるので、明確な志望動機と積極的に自分をアピールする事は大切で、転職の際には特に重要になります。

もっと読む

スムーズに仕事を探す

二人の女性

転職先として貿易事務の仕事を探すときには、即戦力になれるスキルや経験があれば採用されやすいですが、未経験でも応募が出来る求人も沢山あります。貿易事務への転職に有利になる資格としては、語学関連の資格や通関士などがあります。

もっと読む