貿易事務に転職したい【簡単に手続きができる】

貿易に関する業務が仕事

スキルが活かせる業務

婦人

貿易事務のお仕事は、外国の仕事相手に輸出と輸入に関する業務を行う仕事です。
その為、転職時に求められるスキルは外国語であり、実際の貿易事務の求人では外国語よるコミュニケーション能力がある人材が多く求められています。
貿易事務の仕事で求められる人材は多くが即戦力となる人材です。
求められる人材は、英語力を持っていて貿易に関する知識や興味があるタイプになります。
また、事務処理能力や実務経験があれば、優先的に採用されるでしょう。
貿易事務の仕事は外国企業が相手となるため。
時差の関係で勤務時間も様々になります。
貿易事務の仕事は一般事務の仕事よりも知識と能力が求められる仕事です。
その為、経験無しに貿易事務へ転職するにはハードルは高くなることがあるのは現実です。
貿易事務の求人の選び方はいくつかあります。
仕事内容で選ぶ場合は、通関業務や輸出入に関する貨物手配などのコーディネイトなど、自分のスキルを生かせる業務があるか確認しましょう。
また、会社の規模で選ぶことも大切で、規模の大きい企業では業務を大きく展開している事が多く、求める人材の数も多くなるため転職による中途採用も増えると考えられます。
一方、中規模の企業では多くの人材を抱える事が難しく、その為に1人で多くの仕事を処理するため担当する範囲が広くなる事があります。
この様に、貿易事務の仕事は一般事務の仕事よりもスキルが必要で、なお且つフットワークが必要な仕事でもあります。
貿易事務に転職を希望する際には、業務内容と勤務時間も考慮して求人を選ぶ必要があります。

貿易に関する事務の仕事

男女

一般的に事務と言っても、色々な種類の仕事があります。
電話対応やパソコン作業は、事務業務を行なう中で基本的な作業になります。
ある程度のパソコンの知識があれば一般事務は務まるのですが、貿易事務となるとその他にも様々なスキルが必要になってきます。
貿易事務に転職をしたいと考えている場合は、まず貿易事務の仕事をピックアップして、地震が求人条件を全て満たしているかどうかを確認してください。
同じ職種だとしても企業によっては募集内容が異なります。
また転職する際にポイントとなってくるのは、経験者が未経験者かということです。
特に貿易事務のような事務の中でも専門スキルを必要とする職種に関しては、同じ職種での経験がある方が即戦力として採用される確率が高くなります。
貿易事務の仕事内容としては、貿易に関する知識がなければ始まりません。
もちろん独学でも学ぶことはできますが、やはり現場に出て経験することによって経験が培われていきます。
しかし、転職する時点で貿易の知識がなくても、語学力がありパソコン操作も行えるスキルがあれば企業によっては、未経験でも採用をしているところもあるので、経験がなくても諦めることはありません。
また、転職に関しては企業により考え方も異なりますし、未経験者でも一から丁寧に研修を行ってくれる企業も多いので、どちらかと言えば吸収率の高い若い世代であれば、特に採用される可能性も高くなります。
転職を検討しているのであれば、早い段階から動き始めましょう。

ステップアップも可能

男性

専門性の高い仕事のひとつに、貿易事務があります。
スキルアップができる仕事でもあるため、転職をお考えのかたもいらっしゃるかもしれません。
貿易事務の仕事は、メーカーや商社など勤務する場所によって仕事の内容は異なります。
正社員や派遣社員など働き方によっても給料は変わってきますが、30代の年収モデルは400万円から450万円となっており一般的な事務よりも高くなっています。
英語を使った文書を作成したり、仕入先やクライアントと英語で会話をする機会もあるので語学力を活かした仕事につきたいというかたに人気がある仕事です。
経験が豊富な人材の転職のニーズは高いので、未経験から始める場合でも経験を積んでいけば年収アップも期待できるでしょう。
貿易事務には資格もあるので、履歴書に書けるようにTOEICなどの試験を受けてみるのもオススメです。
なお、転職する際にかかる費用の多くは交通費が占めています。
転職活動がすすみ面接をする機会が多くなると、それなりの費用がかかります。
面接の合間に喫茶店などで時間をつぶす、なんてこともあるかもしれないので、ある程度は資金に余裕をもって転職活動に取り組んだほうが安心です。
また、求人情報はインターネットを使って検索することもできますが、貿易事務講座やセミナーを開催して、求人募集をしている企業もあるので参加してみるのもオススメです。
また、セミナー後に企業説明などがあるので、どのような企業なのかを把握することができます。
これにより、求人応募をするときに参考にすることができるのです。

一般事務よりレベルが高い

女性

貿易事務の転職が人気なのは、一般事務よりもレベルアップできると評判になっているからです。語学が堪能になったり、海外との取引ができるようになったりするので、スキルアップしたい人にお勧めです。また、契約社員や派遣社員といった雇用もあります。

もっと読む

貿易に関する業務が仕事

婦人

貿易事務の仕事に転職する際には、志望動機と求人先にふさわしいアピールポイントを用意しておく必要があります。実務経験がなくても採用される事はあるので、明確な志望動機と積極的に自分をアピールする事は大切で、転職の際には特に重要になります。

もっと読む

スムーズに仕事を探す

二人の女性

転職先として貿易事務の仕事を探すときには、即戦力になれるスキルや経験があれば採用されやすいですが、未経験でも応募が出来る求人も沢山あります。貿易事務への転職に有利になる資格としては、語学関連の資格や通関士などがあります。

もっと読む