貿易事務に転職したい【簡単に手続きができる】

一般事務よりレベルが高い

海外と取引できやすい

女性

一般事務というとどこの会社でも雇ってもらえるというイメージが定着していますが、貿易事務は違います。
貿易という特殊な事務職になるので、一般事務よりもレベルが高いイメージを持つ人が多いものです。
実際に、一般事務とは仕事内容が多少、違っているところがあります。
そんなところが、転職したいと思える理由の一つと言えるかもしれません。
実際に、貿易事務への転職希望者が増えてきています。
少しでもレベルアップしたいという事務職の人が希望する職場として、人気が高くなってきているのです。
例えば、語学が役に立ったり、仕事をするうちに語学が堪能になったりすることがあります。
また、貿易事務の仕事は海外との取引が多くなるので、自然と海外情勢などの情報も知るようになってきます。
今までのんびりと国内の一般事務をしていた人にとっては、かなりやりがいを感じるようになるはずです。
元々、海外に興味を持っていた人なら、これほどやりがいを感じられることはないでしょう。
また、職場によっては研修をきちんと受けられる制度を設けていることもあります。
そのため、無知な状態で転職をしても、採用されてからしっかりと貿易事務の仕事を覚えられるようになっています。
このような職場は未経験者でも採用してくれるので安心です。
転職活動をしている人で事務職を希望するのなら、貿易事務も視野に入れてみることをお勧めします。
正社員ではなく、契約社員や派遣社員といった雇用形態で募集することもあります。

経験を正当に評価

仕事探し

貿易事務の年収は全体を平均すると300万円台前半になり、最も多い層は300万円〜400万円になっています。
一般に年齢が上がるほど年収も高くなりますが、上昇率は大きくはなく、他の職業に比較すると若い人のほうが有利と言えます。
また意外かもしれませんが、男性よりも女性のほうが平均年収が高いのも特徴です。
女性の転職先として貿易事務に人気があるのも納得できる結果です。
もちろん派遣やアルバイトよりも、正社員のほうが年収は高い傾向があります。
貿易事務は専門的な知識が必要な職業で、いろいろな経験を積んだ人材ほど歓迎されます。
未経験で転職することも可能ですが、初めのうちは高い給与は期待できないでしょう。
一方で豊富な経験があっても、短期間で転職を繰り返していると、収入は上がりにくいと考えられます。
若いうちに大手企業の正社員になれば、年齢を重ねるにつれて高収入を得られるようになります。
中途で転職する場合は、実力が正当に評価されているかどうか吟味する必要があります。
貿易事務は残業が比較的多い職種と言われているので、残業手当についても確認しておきましょう。
中小企業でも業績次第で好待遇を用意している会社はあるので、じっくりと転職先を探し、給与についても交渉してみることが大切です。
貿易事務専門の転職エージェントを利用すれば、さまざまな会社にコンタクトを取れるだけでなく、こうした交渉を代行してもらえることがあります。

語学力のレベルを記載する

パソコンを操作する人

海外とのやり取りが主な仕事内容となる貿易事務に転職するには、一般の事務職よりもハードルが高くなりがちです。
その理由は、輸入や輸出など海外とのやり取りが主な業務になるため、かなりの語学力が求められるからです。
少なくとも、英語でコミュニケーションをとることができ、英語で書かれた書類の読み書きができることは必須です。
貿易事務の経験そのものはない未経験者でも、採用している企業は多いのですが、語学力はある程度必要です。
貿易事務に最低限必要になる語学力の目安は、英語だとTOEICスコア600点以上あると転職がうまくいく可能性は高くなります。
もちろん、語学力は英語だけでなく中国語や韓国語などさまざまな言語でも大丈夫ですが、転職希望先の企業がどのような国や企業と貿易を行っているのか確認しておくといいでしょう。
英語は大したことないけれども中国語ならペラペラに話せる場合には、中国と取引している企業に転職するとうまくいくでしょう。
転職活動をする際には、応募する企業がどこの国と主に取引をしているのかを確認しておくと、英語が弱くても他の言語で強みをいかすことができる可能性があります。
どうしても転職したい企業があるなら、その企業の募集条件にあうよう語学力を高めておきましょう。
貿易事務へ転職したいときは、ハローワークや転職支援サイトをチェックして求人がでたら応募します。
また、あらかじめ、貿易事務の求人を探している旨をつげておくと、ハローワークや転職支援サイトでは連絡をくれるのでぜひ、活用しましょう。

一般事務よりレベルが高い

女性

貿易事務の転職が人気なのは、一般事務よりもレベルアップできると評判になっているからです。語学が堪能になったり、海外との取引ができるようになったりするので、スキルアップしたい人にお勧めです。また、契約社員や派遣社員といった雇用もあります。

もっと読む

貿易に関する業務が仕事

婦人

貿易事務の仕事に転職する際には、志望動機と求人先にふさわしいアピールポイントを用意しておく必要があります。実務経験がなくても採用される事はあるので、明確な志望動機と積極的に自分をアピールする事は大切で、転職の際には特に重要になります。

もっと読む

スムーズに仕事を探す

二人の女性

転職先として貿易事務の仕事を探すときには、即戦力になれるスキルや経験があれば採用されやすいですが、未経験でも応募が出来る求人も沢山あります。貿易事務への転職に有利になる資格としては、語学関連の資格や通関士などがあります。

もっと読む